2013年09月02日

高齢の親の世話、法はあるべきか?


※編集後記にお知らせがあります。

Caring for Aging Parents: Should There Be a Law?
( TIME )

China’s government thinks so, and as the population of elderly in
nearly every society starts to swell, such eldercare laws are
becoming more common. But are they effective?

What kind of care and devotion is expected of adult children toward
their aging parents? Not surprisingly, siblings can hold fiercely
different positions about what they “should” do. Some make huge
sacrifices of time and money to comfort and care for mom; others
rarely show their faces even when parents pine for them. But if
families can’t resolve these difficult issues, can governments do
any better?

In China, a new law that went into effect this month requires
children to provide for the emotional and physical needs of their
parents, which includes visiting them often or facing fines and
potential jail time. One woman who was found negligent in visiting
her 77-year-old mother has already been charged under the Law on
Protection of the Rights and Interests of the Elderly and was ordered
to visit her mother at least once every two months, and on at least
two national holidays a year.

Enforcing the law will certainly be challenging, and critics have
raised the very real possibility that in an effort to alleviate some
of the impending burden that 200 million people over the age of 60
represent for the Chinese government, the law may end up causing more
familial strife and resentment toward elderly parents. While no
government can legislate loyalty or love, more legislatures are
finding it necessary to mandate responsibilities, especially those
of the financial kind.


■ Uh-huh... なるへそ特記事項 ■


■ 1段落目

swell:ふくれる、大きくなる


■ 2段落目

devotion:献身、傾倒

sibling:兄弟姉妹

pine:恋しがる、切望する


■ 3段落目

negligent:怠慢な、無頓着な


■ 4段落目

alleviate:軽くする、緩和する

impend:差し迫る

strife:争い、闘争


■ もっとふむなるしたい人は、記事の続きも読んでみよう!
 ↓ ↓ ↓
http://ti.me/1と7r7iPu


■ 編集後記 ■


お久しぶりです。春には再開するつもりだったのに、もう夏も終わろうかという季節になってしまいました。

連日、病院通いをしています。高齢の父が心臓と脳をやられて倒れたのです。幸い一命は取りとめましたが、重い障害が残りました。現在は回復期リハビリ病棟に入院しています。

「ほとんどがジャーゴン。まれに挨拶などの発話あり」。先日もらったリハビリの中間報告書の一文です。

jargon(ジャーゴン):

1、Nonsensical, incoherent, or meaningless talk.

3、The specialized or technical language of a trade, profession, or
similar group.

(American Heritage)

もちろん、「ちんぷんかんぷんな言葉、専門語、隠語」を意味する「jargon」は知っていましたが、失語症患者が話す意味不明な言葉にも使うということは知りませんでした。

当面は、英語のリーディングよりもジャーゴンの読解に力を注がなければなりません。

でも、メルマガ(ブログ)は再開します。年内を目標に、落ち着いたら始めます。その際に、今回取り上げた記事をふむなると読みたいと思います。タイトルは「高齢の親の世話、法はあるべきか?」。他人事の話題ではありません。

気の結ぼれる日々が続きますが、ときに英語の歌を大声で歌ってストレスを発散しています。へんな声だからちょっと恥ずかしいけど、出しちゃえ〜!

https://dl.dropboxusercontent.com/u/667061/let_it_be.mp3

出だしから疲れてる・・・お耳汚し、失礼しました^^;



posted by K.Andoh | Comment(0) | TrackBack(0) | 生活 | このブログの読者になる |
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。